奇跡は起きない:第五百五十章

輪廻転生-神←だけは必ずお読み頂ければ幸です。後は最新の章から読まれていき、第一章にたどり着かれれば、望みを叶え完全にあなたを救って見せます。

 

奇跡は起きない

 

奇跡は起きない

下記のお手紙を相談フォームから頂きました。
—————-
・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・
最近はなんだか悪いことばかりおきまていました。会社では毎日のように嫌味を言われるし、家では家内と口論ばかりで、いる場所もなく家に帰るのが嫌で上司との付き合いということにしてネットカフェで時間をつぶしていたのです。
実はそのネットカフェで不思議な体験をして事情が一変しました。
隣の人が何か独り言を言っているのですが、それが私の状況と同じことを言っていて、それを解決する方法まで話し始めたんです。
すぐに、メモを取り始めて、その解決方法を実践したところ会社でも家でも全く違う私の思うように物事が進むんです。
まだ、3日目なのですが不思議です。あれは、もしかして神のアンナサラ様でしょうか。いずれにしても、明日はもう一度ネットカフェに行ってみますので、アンナサラ様なら、今一度現れて頂き、私が気になっていることについて教えてほしいのです。
でも、それは贅沢ですね。今このようになっただけでもありがとうございます。
・・・・・・・・
・・・・・・・・
——————

お手紙ありがとうございます。

そうですか、私があなたの隣にいたのですね。それが事実かどうか話さないほうが良いと思うので、お答えは控えましょう。

いずれにしても、あなたが体験したことは、あなたが神の七つの掟を行っていれば必ず起きることなので、これからも今のように他者の為に奉仕を惜しまないことです。

 

神秘

あなたの悩みは、挫折しなければ解決されるので、心配は要りません。同僚の中で仲が良い者が後れを取るようなことになっても、あなたなら自分で考え助けないことは無いでしょう。

畏れることなく心から受容しなさい。友人を救うことはあなたならできるのだから、その智慧を生かしなさい。

人の一生や人間には神秘などは無い、唯あるものは死ぬ日を迎えるまでの努力のみなのです。だから、何か奇跡が起こることなど考えて無駄な時間を過ごしてはなりません。

あなたが生きている今を、他者の為に捧げることで、あなたは未来永劫の幸福を手に入れることが出来るのです。

何度もいうけれど、生きている時間など天国や地獄から見れば、ほんの一瞬にしか過ぎない、その一瞬の今を他者の為に捧げることで、地獄ではなく天国へ行けるのです。

友人を助ける努力と同じだけ、見知らぬ他者を助けなさい。そうすれば友人はあなたによって救われることになる。

 

幸福

私の話に懐疑的になる者は、実行をすることが無いからであり、三か月で良いので集中的に神の七つの掟を行ってみれば、私の言うことの正しさが分かるのです。

かといって無理に勧めるわけではない、幸福になり欲しいものを簡単に手に入れたければ、行ってみればよいだけのことです。

不幸で地獄へ行きたければ、この一瞬を好きなように生きればよい。しかし、ここに来た限り、それはあなたが託された者であることの証明になるから、私は同じ話をする。

あなたから時間が失われるまでに、あなたが神の七つの掟を行えるように、何度も同じ話をするけれど、私が助ける者は神の七つの掟を守っている者だけに限られてしまう。

それ以外の者は、神の七つの掟を行為として行っている者が、助けて差し上げるのです。相手があなたを不要と言われるまで。

他に幻想を描いてできる方法があると思っても残念だけれど、それはない、あなたのいる世界に夢見る奇跡は起きることが無いのだから。

 

スピリチュアル

常に現実を見て、それを乗り越えることに力を注ぎ、他者への奉仕だけに人生を捧げなさい。ほんの一瞬で終わる人生です。

あなたが友人を救おうと懸命に努力をし、同じだけ見知らぬ他者への奉仕を行えば、あなたの亡くなる日は近づき、そこには天国への右の道が現れる。

スピリチュアルに興味のある者は、次元があることや魂の成長などを信じるようだけれど、そのようなものもこともない。

確かに魂の成長が、あなたの成長だとすれば正しいのだけれど、その方法があまりにも的を得ていないために、そのような幻想を信じることは、あなたの一瞬の時間を無駄に使ってしまうことになるので、気をつけなさい。

地道に他者の為に困窮する者のために、生きていきなさい。席を譲りなさい、重い荷物なら半分でもよいので持って差し上げなさい。そのような行為の積み重ね、他者への奉仕以外に、この一瞬を生きてはならない。

この一瞬を誰かを助けるために、困っている人に親切にするために使わなければ、棺の中で後悔の涙と恐怖への涙を流すことになるだけなのです。

 

 

神の七つの掟

■ 神の言葉: 騙さない、悲しませない、
心を傷つけない

■ 神の言葉: 親切にできる時を逃さない
勇気で言葉を「私に何か助けさせて下さい」

■ 神の言葉: 動物を食べない ヴィーガン

■ 神の言葉: 罪を犯さない

■ 神の言葉: 恩と責任・恩に報いる

■ 神の言葉: 我慢

■ 神の言葉: 奉仕と施し

これだけを行為として行えば、あなたはあなた自身で天国を選択し天国に行くのです。お金や物や宗教など必要ないのです、天国ではそんなものは無意味なのですから。

七つの掟は、どれをとっても難しいことではないはずです。但し、困難です。困難でなければ過去世までの「償」の輪廻転生はないわけです。

 

 

私は同じ話、同じことを何百回も言います。

神の化身

神より「我が子よ、最新の章から読むのも、第一章から読むのも、どの章から読んでもかまいませんが、必ず、全ての章を読むことが、今のあなたを、これからの、あなたを必ず完全に救います。それが約束です。私が今回あなたたちにのみ降ろした神の化身はいつもあなたたちの事を考えている、それを忘れてはならない。大木の神より」

(神の化身の代筆者です。代筆者とは神の化身が私たちのいずれかに降りて来られて書いている者です。誤字脱字があれば、是非、相談フォームよりご連絡お願い申し上げます)