第百十章:輪廻転生-肉片

輪廻転生ー神←だけは必ずお読み頂き、どの章から読んでもかまいませんが、必ず、全ての章を読まなければ、それが絶対の約束です。救われるために

 

輪廻転生-肉片

 

事故死

下記のような相談があり、少しだけ書いてみることにいたしました。
———————–
はじめまして

::::::::::
:::::::::::::::::::

遮断機が上がっている線路に入った車が、電車に押しつぶされ百メールなのか何メートルなのか、ショックでわかりませんが、その瞬間を見て、なぜか自然に、止まった場所に足が向いていました。

窓ガラスが割れて、そこには人間の肉片がいくつもついていました。あっという間にきれいな鳥が現れ、その肉片をついばみ飛び立っていきました。

::::::::::::::::
:::::::::
———————–

肉片

今回は、過去章ですでに書いた殺す方法についてを、少し見方を変えて記してみようかと思います。

殺すことは、人間を殺す事も動物を殺す事も同じです。

この世の法律では人間を殺す事(動物愛護法が役に立つなら、牛も豚も鳥も魚も虫も殺されないので)だけには罪が課せられます。人間は誰かを愛したり、自分の子供を愛したりします。動物の中には愛し方は違っても近しいものがあり極端には変わりません。

殺す

動物が嫌いだから殺すのではないでしょう。

自分が食べたいために殺してはならないことはすでに記してますので、ここでは割愛します。

思い出してください子供のころを、昆虫を捕まえては家にある昆虫かごや水槽に入れていつまでも見ていた日を、または、昆虫をピンで刺して標本にしたりしたことを。

本当ならば、自然界で生まれ自然界で寿命が来て死ぬことが望ましいことですが、いずれの昆虫も、そうなることを選んで生まれ変わってきたことでないことを忘れないでください。

でも、食べてはいけません。昆虫が死んでも、殺しても、これは全ての動物に言えることです。

交通事故や事故で死ぬ、これらは自分で決めてきたことなので、それでよいことなのです。

ただ、何があっても、死んだから、殺したから、といって人間や動物を食べてはなりません。あなたはどうでしょうか。

 

あなたは死を選ぶ必要はありません。あなたが輪廻転生時に決めてきた時間が来たら、必ず死ぬのです。それは三日後かもしれません。

さて、あなたが三日後に死ぬとしたら、三分考えてから何をするのでしょう。「奉仕と施し」のために生きなければ、残り少ない人生を、天国に行ける人生を、この世に二度と生まれ変わらない人生を、得ることはありません。

見ている

             

                すでにあなたは、動物の肉片を食べてきたのですから。

 

私は同じ話、同じことを百回言います。

神の化身より

 

Copyrightm© 輪廻転生. All Rights Reserved.