第百五十章:男女の愛

輪廻転生-神←だけは必ずお読み頂き、どの章から読んでもかまいませんが、必ず、全ての章を読まなければ、それが絶対の約束です。救われるために

 

男女の愛

 

いつも私が話す事は、あなたが神にそして天国へあなたを導くための、万人へのあなたからの愛の掟です。

しかし、今回は男女の愛について話しましょう。

 

愛と出会い

 

ある愛し合う、二人がいました。

でも、ある時に片方が、別の人を愛しました。

残された人は、失意の人となり憎しみました。

そして、別の人を愛した人に告げました。

あなたが、私を愛したときよりも、その人を愛するなら、私はあなたにお願いがあります。

私を愛したときよりも、その人を、愛して愛して愛して、あなたが最後の日を迎えるまで愛して愛してください。

それなら、私は時々、あなたに愛されたことと、私があなたを愛したことを、何かの映画でも見ながら、思い出して、ほくそ笑んでいます。

そして、いつの日か、憎むくらい愛していたことは、過去の思い出となり、私も誰かを誰よりも愛する日が来ます。

愛の終わり

 

 

時がたち、夢の時間が過ぎることがあっても、いつでも抱きしめ合う、キスをする、デートに出かける、どちらかが先に亡くなろうとも、その日まで忘れてはならないことです。

神は、男女を作りました。そして愛することを与えました。でも、人は物足りず別の人ともベットを共にします。

これは、許されることではありません。でも、多くの人が男女の愛に過ちを犯します。

男女の愛はいつも楽しいことです。でも、自分のことは転嫁して、相手を責めたり、憎んだり、するのです。

男女の愛とは、与えあうことではありません。

男女の愛とは、教え合うことです。学び合うことです。

愛の結婚式

 

結婚をしたら、相手を愛した日のことを、何年たっても同じ気持ちでいることです。

ハグ、キス、デートをした、結ばれた日のままで、いつまでも続けることです。

しかし、それを重荷に感じるようになった時には、あなたはただの愚か者に過ぎません。
でも、無理に続けていくこともありません。

ただ、そこが二人の終止符なら、その日には、出会ったころの愛したときのことを、思い出すことです。そして相手に別れを告げなさい。

私が、不義のーⅠで話したように、せめて愛した人を騙したり裏切ることがあってはなりません。

不義を行う前に、相手に別れを告げなさい。あなたよりも愛する人ができたのですと。憎まれても、号泣されても、受け入れなければなりません。そうすれば、愛していた人も、救われるのです。

しかし、次の人に、決して、喜びの涙以外の、悲しみの涙を流させてはいけません。それが、別れた人、捨てた人への罪の償いです。(私がいつも言う罪の償いではありません)

愛に払底があってはなりません。いつも会う時には、どうして相手を喜ばそうかと考え、喜ばす心が無くならないように、愛を補充しておくことです。

最後の愛

 

そしていつかあなたが亡くなる日には、最後まで添い遂げた相手に、男女の愛で、愛していたことを、棺の中まで持っていきなさい。決して感謝の気持ちを持ってはいけません。
感謝の気持ちは残された相手を悲しませることになるのですから。

感謝されるために、二人は出会い添い遂げたのではないでしょう。愛したから、結婚をして、キスをして抱きしめ合ってデートをして、添い遂げたのでしょう。

男女の愛は二人にしかありません。感謝は多くの人にあるでしょう。

男女の愛は、抱きしめ合うことから始まり、抱きしめ合って甘い言葉で話し合い、満天の星空を二人並んでみる事なのです。

棺の中のあなたに、唇を重ね合えますように。

 

神の化身より

男女の愛/Copyrightmc 輪廻転生. All Rights Reserved.