第百二十五章:地獄と悔い亡き人生

輪廻転生ー神←だけは必ずお読み頂き、続いて全ての章をお読みください。第一章から何度も読み返し。愚か者は八回読み返し、救われるために。

 

地獄と悔い亡き人生

 

死後の世界

振り返り悔いのない人生だったといえますか。

むなしき人生と叫んでも、もうあなたは自殺をしているか、ベットの上で延命措置の器具を外され死んでいくのです。

嘆いても時は元に戻せない。今ひとたびの思い出に会うことは出来ないだろかと、あなたが思っても、それは陰りなく無の世界でしょう。

あなたが死ぬときに、ほくそ笑み、残された夢もなく、人生もないと眠れるでしょうか。

亡くなる人々

老いさらばえて、何を思うともう手にすることは無い。

しかし、七つの掟を守ったものだけは、笑顔であらざらむと静かに去るでしょう。

この世を去るときに笑顔で去れるものは、わずかしかいない。それは七つの掟を守らなかったからです。

自分が悔しくありませんか、本当に簡単な七つの掟を守らないこと、気負わずに少し手を伸ばせば奉仕と施しができるのに。

残されたあなたの夢は儚くも散りゆく季節の花のように、転寝をする間に遠くへ飛ばされていくだけです。

時がすべてを無くすことはない、あなたの罪はあなたの肉体が無くなってから、重たい重たい罪の償いの始まりなのです。

死にゆくあなたは今思うでしょう、なぜ七つの掟のチャンスをもらったのに、実行しなかったのかと。

私のいざないは届かなかったのでしょうか。

あの世の道

私は全ての人が七つの掟を守り、最後はほくそ笑んで、あの世の門の前に立ち開くのを待ってもらいたい。

あの世の門に入れば、三人の裁判官がいて、あなたに問うでしょう。

天国が良いか、地獄が良いか、ほとんどの人が七つの掟を守らないために、地獄を自ら選択するのです。

悔い無き人生ではなく、悔い亡き人生ではなりません。

 

私は同じ話、同じことを百回言います。

神の化身より

 

天国 Copyrightm© 輪廻転生. All Rights Reserved.