第十六章:自然死について、この世と地獄

輪廻転生ー神←だけは必ずお読み頂き、続いて全ての章をお読みください。第一章から何度も読み返し。愚か者は八回読み返し、救われるために。

 

自然死について「この世」と「地獄」の時間差

「あの世」と「この世」を結ぶものは、三つしかありません。

自殺-12

その三つのうちの一つが、時間になります。

あの世の中の時間とは、「あの世」に行き、あなたが「地獄」を選択し、あなたが想像した「地獄」という世界に入った瞬間から、カウントされます。

天国に入った人には、時間は存在しません。必要ないからです。

地獄にいる時間は、全ての人が同じです。

但し、どのような「地獄」の世界かは、以前、書いたように、あなたの想像した、あなたの願った、あなただけの、「地獄」があります。

時間が同じでも、その世界はこの世では考えられないほど、とてつもなく、醜い世界であることに変わりはありません。

今のあなたには、想像ができません。

但し、この世にいる時に、どこかで、一つでもいいので、これは「罪」になるだろう、と思い、その時点から、その「罪」を行わなくなる、やり直す、それらの行為ができたら、あなたが想像する地獄の醜さに、あなたが大差をつけます。

しかし、「罪」と気がついても、やり直さない人や、その「罪」を行わないよう【我慢】ができない人は、想像した地獄より、想像をはるかに超える地獄を想像し行きつくでしょう。

あの世の、あなたが作った「地獄」、にいる時間は、誰もが、千年です。

なぜ、千年という単純な年数なのかは、長くなるので、いつか話します。

この世にいる時間は、数十年、数年、数か月、明日、今日、死ぬ人もいます。

千年、地獄にいることを考えれば、この世にいる時間は、たいしたことがないと、これで分かるでしょう。

それも、地獄には、あなたの想像した地獄という形があるだけで、あなた以外に、その地獄には、誰一人いません。

私が、聞いた一つの話を例にあげましょう。

「天国も地獄も同じ食事が出て、おなじように長いフォークがでて、自分の目の前にある、自分の料理をつきさすことも、フォークが長すぎて食べることもできないのが、地獄。

それとは違い、長いフォークで、目の前の人のお皿の料理をすくい、相手に食べさせるのが、天国」。

たとえとしては、非常に素晴らしいです。

しかし、現実の地獄には、自分以外の人はいない、食べるものは以前話した通りのこと、それが現実です。

醜く、苦しい地獄で、千年間を一人で、過ごすのです。

耐えられると思いますか?

でも、すでに「悪の魂」である「肉体」が無くなっているので、残念ですが、「自殺」すらできません。

地獄で耐えるというのは、何度も申し上げているように、この世のものではない、とてつもない、耐えられるはずもない世界であり、そこで千年耐え暮らすのです。

これは、輪廻転生により、この世に輪廻転生、生まれ変わってきた大義「償」をせずに、自分で決めてきた時間をタイムオーバーしてしまった「自然死」の人の場合です。

ちなみに自然死とは、病死、事故死、も含まれています。

 

私は同じ話、同じことを何百回も言います。

神の化身より

 

自殺/Copyrightm© 輪廻転生. All Rights Reserved.