第三十八章:愛 する妻により天国へ-Ⅰ

輪廻転生ー神←だけは必ずお読み頂き、続いて全ての章をお読みください。第一章から何度も読み返し。愚か者は八回読み返し、救われるために。

 

愛する妻により天国へ-

 

愛する妻

今回は、輪廻転生、生まれ変わり天国に行った、ある人の話を、そのまま掲載します。

——————————

私は、「前々世」で出会った、妻のおかげで天国に行くことができました。

妻に出会ったのは、とある場所でお酒をのみ、帰る途中でのことです。

私は、普段なら恥ずかしくて絶対にできることもない、行動をしました。

その行動は、声をかける、という行為です。

帰り道といっても、まだ、繁華街を歩いているときに、前から歩いてきた女性にたまらなく心が奪われてしまったのです。

それでも、声をかける勇気など無いはずの私が、すれ違った女性を追いかけ、「すみません」と声をかけました。

声をかけたのはいいのですが、そのあと何をいっていいのかわからず、再度、「すみません」といい、目の前に合った店を指さし「お茶したいのですが、一人では、入りにくいので、一緒に入っていただけませんか」といいました。

するとその女性は、少し間をおいて「いいですよ」と、いって一緒にお店に入ることができました。

そこでどのような話をしたのかは、割愛しますが、お茶ではなく、ワインを頼み、二人で三時間以上は、話をしていました。

飲んだワインの本数は五本です。ほぼ、私だけで飲みました。

そして、別れ際に私は「私と結婚してください」といい、その女性からの返事をまっていましたが、お酒の飲みすぎと緊張からの解放か、そこからの記憶が全くなく、気が付いた時には、自分の家で朝を迎えました。

あの女性からの答えがどうしても思い出せず、数日悩み、勇気を出して、交換していた、連絡先に食事の誘いの連絡をし、会うことになりました。

私は、その時にサプライズも含め、もしプロポーズOKの返事なら、そこで婚約指輪を渡そうと、購入した指輪をもって待ち合わせの場所に行きました。

そして、食事中にまたもワインを一人で飲み、酔ったところで「先日の返事ですが、緊張していて、記憶が飛び、思い出せないのです。すみません」と頭を深々と下げ、答えを教えてください、とお願いしました。

そして、彼女の口から出た言葉。

「会ったばかりなので、考えられません。と答えましたよ」と聞きました。

私の頭の中で考えていた答えは、YESNO、しか考えていなかったので、次の言葉が出てこなくなってしまい、そこで、私は指輪を出して、「結婚してください」と懲りることなく、いいました。

彼女の答えは、ほぼ同じ内容でしたが、お酒の勢いを借り、私と結婚しなければならないことを、延々と説き続けて、三件の店を渡り歩き、私の飲んだワインが、本を超えたところで、、、「わかりました」というOKの返事を半分無理やり頂ました。

この後の記憶は、またも緊張からの解放で覚えていません。

でも、初めて会った日も、二回目のその日も、私がほぼ一人で飲みつづけ、会話はほとんど世間話と、一方的な結婚申込みの話だけなので、考えれば、彼女の事をほとんど知りません。

彼女も私の事を聞かないので、私が話す私の自慢話ばかりで、私の事をあまり知ることもできなかったと思います。

二人の共通の趣味もなければ、年令が離れていたので、同一の話題はほぼありません。

でも、一つだけ共通点がありました(長くなるので割愛)。

それでも一回目も二回目も、私の一方的な話を笑顔で聞いてくれました。

さて、そんな状態のまま、初めて会った日から一か月後には、二人だけで結婚式をあげ、初夜を迎えました。

この時の私の生い立ちを簡単に記せば、十五歳から働きはじめ、好きなことは本を読むことでした。

しかし、欲しいものがまだ浮かばないころから、お金もちになることばかり考えていて、本と仕事に二十歳までの五年間は費やしました。

そして、二十代後半には、人を裏切ったり、傷つけたりして得たもので、自分の会社というようなものを持ちました。

それからは、人を欺くことで自分の欲を満たすことは、悪いとは思っていても、お金への欲望のために、行っていました。

その後については割愛します。

さて、彼女と結婚をしたのは、私が三十八歳、彼女が二十二歳のときです。

—————————-

続きへ→次章

 

私は同じ話、同じことを何百回も言います。

神の化身より

副題:輪廻転生の終わり

 

妻/Copyrightm© 輪廻転生. All Rights Reserved.