神と看護師と自殺:第三百八十一章

輪廻転生-神←だけは必ずお読み頂ければ幸です。後は最新の章から読まれていき、第一章にたどり着かれれば、望みを叶え完全にあなたを救って見せます。

 

神と看護師と自殺

 

神と看護師と自殺

大木の神は、時を大切にすることを私に話される。時とは、あなた方が、神の七つの掟を行い、それを過去世までと今日までに犯した罪と同じだけ、罪の償いを行う時間です。

既に、神の七つの掟を使い、罪の償いを終わらせる人が沢山いる。まだ、足らない人もいるので、急ぐべきである。大木の神は、あなた決めた時が終わることを心配されています

神の七つの掟が一つを除いて完璧であるにも関わず、自殺した看護師の女性の話をしましょう。

彼女は、プリセプターとしても優秀で、後輩からも慕われていた。そんな彼女だけれど、悩みがある、それは、同じ病院内の医師との不倫であった。

彼女は、不倫などするタイプには見えないし、性格的にもそのようなものではなく。周りで気付く者はいなかった。

彼女は、相手の医師からは「妻とは別れられないけれど、君とも別れられない。我慢してほしい」このように言われたことから。彼女は悩んでいた。

彼には、奥さんがいる。この私の行為は決して允可されうる許されることはない。彼女は、別れることを決めた。

医師は、独身であるという事で彼女と付き合い始めたので、ある意味においては彼女も彼に騙されたことにはなるけれど、既婚者であることを告げられた時点で身を引くべきであった。

それからすでに一年以上別れる事なく、今晩も彼は帰って行った。ドアを閉じる音が聞こえるたびに、毎回繰り返し自分の行いに自分に対して唾棄して攻めるとともに、崩れ落ちるほど煩うのであった。

 

医師と看護師の別れのイメージ画像

彼女が、ある日私に話しかけた。私はどれだけ頑張っても彼と別れられない、これは、せっかく神の七つの掟を繰り返していても、相手の奥さんにとっては許せないほどの傷を与えている。私は、生きている限り好きな彼と別れることは出来ないので、自殺をしてもいいですか。

自殺をすれば、彼の奥さんへの償いにもなりますよね。神の七つの掟を守れなかったので、自殺をすればどうなるのかも、全て読んできたので、わかっています。でも、それ以外の方法が見つかりません。

私は、彼女を助けようかと思います。しかし、唖咽の響きが彼女からの彼氏への愛は、離すことは無理だとわかりました。彼女の良心に聞いてみても愈愈と自殺へ突き進んでいる。

彼氏に会う事にしてみたくても、彼氏は輪廻転生・神を見たこともないので、会うわけにもいかないのです。

男女の愛は、重要性があるかと言えば、それほど重要なものではないのです。愛することは、重たくて大切なものですが、その愛と男女の愛は別の物なのです。しかし、この世に降りてきて、欲望を持つようになりますが、その中で「愛されたい」と異性に対しての欲望は非常に大きなものと育ちます。

愛されたいという欲望は、断ち切らなければなりません。愛するだけでよいことなのです。愛するという愛は、例えば、誰かを愛した時に、その人が他の人を愛していれば、それを応援してあげることが出来る、大きなものなのです。

 

医師からの別れ

彼女は、彼に自分の全てを捧げていた。彼にとってみれば、それが少しづつ重荷になりだして来てる頃でもあった。彼は、彼女に関係を終わらせようと話した。

憂い悲しむ顔を一瞬見せた彼女だけれど、頷き別れを承諾した。彼女の心の中では、奥さんに対しての謝罪の気持ちで一杯だった。だから、彼からの別れを受け入れることになったのです。

彼女は、これでよかったと思う反面、私憤に憤りを感じてもいた。愛していると思っていた相手が、別れとともに忘れられれば良いのだが、易々とはいかない。

彼女の中で、彼女自身が変わり始めてきた。男女の蕊の関係を持つと、人が良心を失ったり、その逆に自分を責める力で一杯になったり。

彼女は、自分を責める方に回った。もう、医師の彼だった男は関係が無い、彼女にとっては、彼の奥さんへの自責の念で、それが止められなくなっていった。

自分の心の中で、自分に対してスラップスティックを振り上げて叩きつけているような状況で、普通なら周りは笑うところだけれど、彼女の中で行われているために、到底そうはいかない。

彼女は、看護師なので死ぬ確率の高い薬を盗むことができたが、あえてそれは神の七つの掟に反するので行わなかった。しかし、もうすでに、彼女の天意は彼女が火の中に投げ入れている状況でもあった。

 

神と首つり自殺

彼女は、自宅マンションで首を吊った。しかし、彼女が足場を蹴ったときに、私は彼女の足場となるように滑り込んで、自殺は一度止めた。

私が自殺を止めることはあまりないことです。自殺は輪廻転生・神を読んで、読んだ者が自ら、自殺が愚かで恥ずかしいことと知ってやめるのです。そこには私の力は銜えられない、私は自殺を否定も肯定もしないのだから。

ここで、自殺を止めた限り、次は止めないけれど、話す必要があります。拉げる私は彼女に、とりあえず首から縄を外してください。苦しいのでお願いします。と言った。

そして、彼女に、これから生きて神の七つの掟を継続と完了をしていただきたいと話しました。それは、不倫以外では彼女は完ぺきなのですから、もったいない。自然死が明日来るかもしれないのだから。

彼女は、私のことよりも数年間騙され続けた奥さんである女性への罪の償う方法がわからない。と言ってくれた。

私は、何を言っているんですか、神の七つの掟を行う事が罪の償いであることは、よくご存じでしょう。

だから、本当に罪の償いをしたいのなら、自殺をしたら罪の償いはできません。だから、神の七つの掟を今まで努力されてきたように、続けることが、相手の女性への罪の償いになるのです。

でも、相手の女性への気持ちが本気でないなら、自殺という形を選ばれて逃げることです。

もし、これから罪の償いのために生きるというのなら、近い将来に私のような美男子に巡り合い、恋をして、結婚をして、子供が出来て、あなたの生なる時間、苦の世界を卒業できる、終わりを告げる日が来ます。

私は今回、今人気の若手俳優の顔を借りていたので、彼女もびっくりしていましたが、話はここで終わりです。

今のところは、彼女は勤務先を変えて、新たに看護師として努力されています。時を空費にせず神の七つの掟を行っています。この後、彼女が自殺をするかどうか、先のことは分かりませんが、神の七つの掟を行い続ければ、良い出会いに巡り逢う事になります。そして、それは約束できます。

 

神の七つの掟

■ 神は言う:騙さない、悲しませない、
心を傷つけない

■ 神は言う:親切にできる時を逃さない
勇気で言葉を「私に何か助けさせて下さい」

■ 神は言う:動物を食べない

■ 神は言う:罪を犯さない

■ 神は言う:恩と責任・恩に報いる

■ 神は言う:我慢

■ 神は言う:奉仕と施し

神の言葉:これだけを行為として行えば、あなたはあなた自身で天国を選択し天国に行くのです。お金や物や宗教など必要ないのです、天国ではそんなものは無意味なのですから。

七つの掟は、どれをとっても難しいことではないはずです。但し、困難です。困難でなければ過去世までの「償」の輪廻転生はないわけです。

 

 

私は同じ話、同じことを何百回も言います。

神の化身

神より「我が子よ、最新の章から読むのも、第一章から読むのも、どの章から読んでもかまいませんが、必ず、全ての章を読むことが、今のあなたを、これからの、あなたを必ず完全に救います。それが約束です。私が今回あなたたちにのみ降ろした神の化身はいつもあなたたちの事を考えている、それを忘れてはならない。大木の神より」

(神の化身の代筆者です。代筆者とは神の化身が私たち三名のいずれかに降りて来られて書いている者です。誤字脱字があれば、是非、相談フォームよりご連絡お願い申し上げます)

 

自殺の関連ページ