神 の姿:第五十四章

輪廻転生-神←だけは必ずお読み頂ければ幸です。後は最新の章から読まれていき、第一章にたどり着かれれば、望みを叶え完全にあなたを救って見せます。

 

神の姿

 

神の姿

神がどのような姿なのか、記したいと思います。

 

例えとして、パズルを用いましょう。実際にパズルのようなのです。

神の姿は、パズルのようになっています。

ピースはまだ全てをはめ込まれているわけではありません。

パズルという限り、ピースが完全に埋め込まれてこそ完成します。

神が完全ではないというわけではありません。

神は絶対的に完ぺきで完全です。

神の姿2

パズルを完成させるというのは、神の形を完成させるということです。

神の形が現れるために、あなたという神のピースを埋めなくてはならないのです。

次のように説明すれば、少しだけわかりやすいかもしれません。

パズルは、神です。すべてのピースが神です。

一つ一つのピースを合わせて、神が神を集めて、神という形が現れます。

ピースとは、あくまでも例えの言い方ですが、神であることに変わりありません。

そして、ピースとは、あなたのことです。

あなたが神であることは、すでに以前の章でお話ししました。

神の姿3

あなたの中にある善の塊の魂が神であることも伝えました。

だから、あなたは神であり、ピースとして形を完成させなくてはならないのですが、いかがでしょうか。

あなたは一つのピースです、パズルを完成させるためには、天国に入らなくてはいけません。

 

神の七つの掟

■ 神は言う:騙さない、悲しませない、
心を傷つけない

■ 神は言う:親切にできる時を逃さない
勇気で言葉を「私に何か助けさせて下さい」

■ 神は言う:動物を食べない

■ 神は言う:罪を犯さない

■ 神は言う:恩と責任・恩に報いる

■ 神は言う:我慢

■ 神は言う:奉仕と施し

神の言葉:これだけを行為として行えば、あなたはあなた自身で天国を選択し天国に行くのです。お金や物や宗教など必要ないのです、天国ではそんなものは無意味なのですから。

七つの掟は、どれをとっても難しいことではないはずです。但し、困難です。困難でなければ過去世までの「償」の輪廻転生はないわけです。

 

私は同じ話、同じことを何百回も言います。

神の化身

神より「我が子よ、最新の章から読むのも、第一章から読むのも、どの章から読んでもかまいませんが、必ず、全ての章を読むことが、今のあなたを、これからの、あなたを必ず完全に救います。それが約束です。私が今回あなたたちにのみ降ろした神の化身はいつもあなたたちの事を考えている、それを忘れてはならない。大木の神より」

(神の化身の代筆者です。代筆者とは神の化身が私たち三名のいずれかに降りて来られて書いている者です。誤字脱字があれば、是非、相談フォームよりご連絡お願い申し上げます)