第二十一章:償い-本当の 夢

輪廻転生ー神←だけは必ずお読み頂き、続いて全ての章をお読みください。第一章から何度も読み返し。愚か者は八回読み返し、救われるために。

 

償い-本当の夢

あなたの「夢」そして、輪廻転生、生まれ変わり来た、この世という世界にいる全ての人の「夢」は、前世やそれ以前の世で犯した罪の【償い】を果たすことです。

そして、償いを終え、【天国】に行くことです。

天国

天国で、あなたを待っている人のために。

それ以外の夢は、幻であり、肉体のある「欲望」の世界にだけ存在するものです。

「夢」が無いから、窮地に追い込まれているから、自分だけが、、、、、、。

という思いから、この世で、いろんな罪を行う人は、沢山います。

でも、それは、あの世から降りてくるときに、決めたこととは違います。

また、いくつかの罪の「償い」の果てが、そのような再びの「罪」という行為では、悲しすぎます。

この世に、生まれかわってきたときに、あの世で決めてきた「償い」の中身は、必ず、忘れるようになっています。

だから「罪」を行って良いのか、というとそうではありません。

この世には当たり前のように、誰でも「声を出せば」行うことができる「償い」は沢山あります。

もし、答えがわからない時には、はじめに、喉に潤いを与えた後、あなたの左胸に、右手を当てて、眼を閉じて、「罪」「償い」「行為」「我慢」、などを時間をかけて、ゆっくりと、ゆっくりと、考えてみてください。

わからない時には、ここに来て最初の「はじめに」からから読みなおしてください。

如何なるものも。悲しませてはなりません。苦しませてはなりません。

特に自分よりも弱いものに対して、、、、、。

あなたが、天国への夢をかなえられますように

 

私は同じ話、同じことを何百回も言います。

神の化身より

 

夢/Copyrightm© 輪廻転生. All Rights Reserved.