ベジタリアンと矛盾:第六百二十三章

輪廻転生-神←だけは必ずお読み頂ければ幸です。後は最新の章から読まれていき、第一章にたどり着かれれば、望みを叶え完全にあなたを救って見せます。

 

 

ベジタリアンと矛盾

 

青年と矛盾

今日は、ある青年に会いに行ったお話をしましょう。

彼の悩みは後で話すとして、いつも通りでどのように声をかけるかで悩みましたが、軽くぶつかって倒れる作戦にしてみました。

彼が前から歩いてきたので彼にもたれかかるようにぶつかり、歩道に倒れました。彼が心配そうに膝をついて大丈夫ですかと声をかけて来たので、大丈夫なわけが無いでしょ、骨が折れてるかもしれないから病院へ連れて行ってよ。と話しました。

すると彼は、病院へ行きましょう。救急車を呼んだほうがいいかもしれないので、ちょっと待ってください。電話をかけそうになったので、救急車は要らない、おぶって連れて行って欲しいと言ったところ、大丈夫ですか、それじゃ背中に乗ってください。

とにかく良い青年です。普通の人なら軽くぶつかって倒れた程度なら、ましてや私の方からよろけて行ったという場合、病院へ連れて行けと言われたら、あなたの方からぶつかってきておいてと、病院まで連れて行くのを躊躇したことでしょう。

 

ベジタリアン寿司

彼は、私をおんぶして数百メートル歩いた時点で、ちょうどいい感じの飲み屋があったので、私は、病院はいいや、大丈夫みたいだから、その代わり一杯ご馳走してくれる。と聞いてみた。

彼は、本当に大丈夫なのか心配なので病院へお連れします。失礼かもしれませんが、病院代を気にされているのなら、当然ですが私が支払いますので、安心してください。と言って来たので、本当に大丈夫だから、頼むから一杯ご馳走してくれよ。と念願の生が飲めるので、頼み込んでみた。

彼は、本当に大丈夫なら、どこかのお店に入りましょう。ということになり、彼と店に入り、店員さんに生二つ急いでお願いします。と声をかけて、生が届くのをまっていた。

生が届いて、一気に飲んで生一つと注文をしたところで、君はすごく悩んでいるんだね、と話してみると、そうですね悩んでいることが一つあります。

私が彼に、その悩みは仕事のことだけれど、以前は何も考えずに仕事が出来たけれど、あるときから、この仕事をしていてはだめなのじゃないか。という悩みごとだよね。

仰る通りです。よくわかりますね。何となくそんな感じがしたから、顔に出ているというか、そんな感じだよ。

 

青年の優しさ

彼は、ヴィーガンというのをご存じですか、と聞いてきたので、知っているよ動物性のものを一切食べない身につけない、という人のことだよね。あまりそういう人には出くわさないけれど、良いことじゃないの、動物は見て学ぶものだからね。

僕の仕事は板前で、寿司屋で七年間勤めています。僕がヴィーガンになったことは大将も理解してくれていて、魚を使わないベジタリアン用の握りをいくつか作ってくれて、それが雑誌で紹介され、ベジタリアンの方やヴィーガンの方が来店してくれるようになりました。

でも、問題は僕が魚を提供していることなんです。矛盾していますよね、どう考えても間違っていますよね。

それは確かによくないことだけれど、考えてみてごらん、君は魚を殺したわけでもなければ、食べているわけでもない。殺したり食べたりすることはだめだと思うけれど、殺したり、食べたりしていないのなら、ペットに動物性のものを買ってきて与えているのとは違って、仕方ないことかもしれないよ。

但し、今の職場を止めたなら、二度と動物関係の仕事にはつかないことを約束することだよ、そして、今の身につけた技を使って、ベジタリアン用の寿司屋なんか作ってみたら、もしかしたら当たるかもしれない。当たるように私が応援してあげるよ。

実は、ここ数年自分のお店、当然の事ベジタリアン寿司店をオープンしたいと思っていたんです。

 

ベジタリアン寿司

今、あなたからもその言葉がお聞き出来て、俄然やる気が出てきました。今まで学んだ技術を使えば、本当にできると思っているのです。

そうだよ、生二つ、やる気があれば、後は一生懸命に努力すればいいだけだから、頑張ることだよ。

今の仕事に帰順し、近い将来は明晰で在り、君を道から外させることは無い、魂魄を調和させて前に進むことだよ。

難しくて意味が分からないのですが、意味などどうでもいいことなんだよ、感じたままでいいんだよ。

どんな感じがした、全力で前に進め、こんな風に感じました。そう感じたなら、そういうことだから、一日も早くベジタリアン寿司店を始めることだよ。生一つ。

あなたに会えて本当に良かった、もし、名刺を頂ければお店がオープンしたら連絡したいのですが、そんなの持っているわけが無いので、雑誌とかに載るだろうから、いつか探して食べに行くよ。それの方が楽しいでしょ。

彼は、残念そうな悲しそうな顔をしてくれたけれど、私には連絡先は無いので、そこは不可能で、仕方ありません。

 

 

神の七つの掟

■ 騙さない、悲しませない、心を傷つけない

■ 親切にできる時を逃さない
勇気で言葉を「私に何か助けさせて下さい」

■ 動物を食べない ヴィーガン

■ 罪を犯さない

■ 恩と責任・恩に報いる

■ 我慢

■ 奉仕と施し

神の言葉:これだけを行為として行えば、あなたはあなた自身で天国を選択し天国に行くのです。お金や物や宗教など必要ないのです、天国ではそんなものは無意味なのですから。

七つの掟は、どれをとっても難しいことではないはずです。但し、困難です。困難でなければ過去世までの「償」の輪廻転生はないわけです。

 

私は同じ話、同じことを何百回も言います。

神の化身

神より「我が子よ、最新の章から読むのも、第一章から読むのも、どの章から読んでもかまいませんが、必ず、全ての章を読むことが、今のあなたを、これからの、あなたを必ず完全に救います。それが約束です。私が今回あなたたちにのみ降ろした神の化身はいつもあなたたちの事を考えている、それを忘れてはならない。大木の神より」

(神の化身の代筆者です。代筆者とは神の化身が私たちのいずれかに降りて来られて書いている者です。誤字脱字があれば、是非、相談フォームよりご連絡お願い申し上げます)

自殺関連の章一覧
https://kaminokeshin.com/%e8%87%aa%e6%ae%ba/

ベジタリアン・ヴィーガン・ビーガンの章一覧
https://kaminokeshin.com/vegetarian-vegan-vegan/