第十八章:償い-六歳で亡くなった子と、「償い」

輪廻転生ー神←だけは必ずお読み頂き、どの章から読んでもかまいませんが、必ず、全ての章を読まなければ、それが絶対の約束です。救われるために

 

償い-六歳で亡くなった子と、「償い」

亡くなる

 

今回は「償い」の始まりについて。

私の子は、六歳で亡くなりました。地獄に行ったのでしょうか。

この様な問いかけを、いただきました。

何故、子どものまま「肉体」をなくしてしまうのかについては、「輪廻転生」生まれ変わりの章で書いています。

以前の内容の一部に、下記があります。

———————–

生まれて数時間や言葉も話せて一人で歩けて遊べて、それでも死んでしまうのでは「償い」をしに来たことには当然のことながら、なりません。

これは、最初から魂が宿っていなかったからなのです。なぜ、宿っていないのに、生まれてきて、死ぬことになったのかというと、授かった親「親」が選んだ自分の前生への償いのためです。

———————–

今回の子は、六歳ということなので、少し、微妙な年齢ですが、あなたが「地獄」から出て、この世で大人になり、結婚し、前世やそれ以前の世での「罪」の「償い」のために、亡くなる子を、待っていたそのものです。

その子は、「この世」に降りる必要などないのに、あなたのために、降りてきて、あなたを選んでくれたのです。

降りてくる必要が無い、いわゆる「悪の魂」を、持ち合わせていない、子なのです。

あなたは、この世に降りてくる前に、前世やそれ以前の世までの「償」の一つとして、我が子が、六歳で死に、それにより、自分が、嘆き、苦しみ、惑う、この世にいる間、忘れることができないものを、背負い生きていくと、あの世で決めてきたのです。

あなたは、あなたの一つの「償い」のために、その子が、もう、この世に生まれ来る辛さ、を味わわなくてもよいのに、生まれてきてくれたこと、そして、あの世に戻り、あの世から天国に戻って行ったことに「感謝」してください。

全ては、あなたのために、この世に生まれるという、つらい思いをしてくれたのですから。

その子が、何らかの事故で無くなったとして、あなたは、事故を起こした相手を、絶対に憎んではいけません。

その憎しみは、あなたのために辛い思いをしに、この世に降りてきた、その子の思いに報いてあげることに、ならなくなるからです。

あなたがいつの日か亡くなり、あの世という世界にいったら、その子に会えるのかと、聞かれるのであれば、それは絶対にありません。

この世にいる間に、その子の遺品を大切に抱きしめ、思い出すことが、この世に降りてこなくても良いのに、降りてきてくれた、その子への感謝になるでしょう。

あくまでも、あなたの悲しみを癒すためにです。

ただ、いつかの生まれ変わりで、全ての罪の「償い」をすませ、あの世に行き、天国を選択する日が来た時に、天国という世界で、その子に会える日が来ます。

但し、この世でいう、会う、という意味合いのものではありません。

説明するのには、全ての事を書く必要があるため、その答えは、これからの私の章から知っていただくか、天国に行ければわかります。

 

私は同じ話、同じことを何百回も言います。

神の化身より

 

償い/Copyrightm© 輪廻転生. All Rights Reserved.