第五十七章:神-お酒 アルコール

輪廻転生ー神←だけは必ずお読み頂き、続いて全ての章をお読みください。第一章から何度も読み返し。愚か者は八回読み返し、救われるために。

 

神-お酒アルコール

お酒アルコール

色々な宗教がありますが、お酒アルコールなどの精神を興奮させ乱すものを取ることを禁じているところも多くあります。

また、禁じていない宗教もあります。

神酒と言われるものは、アルコールで清めるためにあるもので、飲むものではありません。神にお神酒をささげるのは、あなたの精神を清めるためのものであり、あなたが飲むためではありません。ましてや神は飲みません。

これも、聖典の解釈の捻じ曲げにすぎません。

本来はすべての宗教で禁じていましたが、信者が必要となり緩めてきたことが事実です。有名な宗教キリスト教でも一部のプロテスタントを除きお酒を摂取してもよいとしています。

しかし、真実の話としてキリストが飲んだものは葡萄ジュースです。

アルコールは飲んでいません。また、飲むことを勧めてもいません。

なぜ、キリスト教でもアルコールを飲んでもよいとしているようになったのかというと、これも以前の章で書いたのと同じで、信者を集めるために聖書の「勧めていない」の解釈を捻じ曲げ利用し、書き直してきた歴史の外になりません。

私がお酒などを摂取しない人、摂取する人、この差はどこにあるのかを話します。

摂取しない人は、摂取する人よりも、無駄な精神の興奮や乱すことがないので、その分少しでも危険から遠ざかることができます。

摂取する人は、危険を抱えることになります。

しかし、その危険に打ち勝つ人になるという目的を持っています。

お酒アルコール2

仮にアルコールを飲んだからと言って、絶対に自分を乱さないという、自制心を身につけなければ「罪」を犯す人になるだけです。

アルコールを飲んで乱してしまったことを、アルコールの仕業とする人は輪廻転生生まれ変わる意味を忘れた人です。

私は、アルコールは周りの人との会話に必要かもしれないので、興奮を抑え乱れることもなく理性を失わないのなら、アルコールとあなたの戦いであることを忘れないのなら、飲むこともいいかもしれません。

しかし、飲まない人よりも理性との無駄な戦いに勝たなければならず、それに無駄な時間を使うことを忘れないことです。

一つ、仮にタバコも精神を乱すものの一つです。これは、人とのかかわりに全く関係なく、あなたの嗜好にすぎません。できることなら、やめるべきこと、以前お話しした手で作ったお椀から流しすて、他に必要なものを手に入れることです。

 

輪廻転生、生まれ変わることがないために。

 

私は同じ話、同じことを何百回も言います。

神の化身より

 

アルコール/Copyrightm© 輪廻転生. All Rights Reserved.