天国-植物と死んだ人と会う方法:第五十二章

輪廻転生-神←だけは必ずお読み頂ければ幸です。後は気になる章をお読み下さい。もし、全ての章を読まれたなら、望みを叶え完全にあなたを救って見せます。スマホなら最下方に一章から日々更新されている章が見れます。

 

天国-植物と死んだ人と会う方法

 

死んだ人と会う方法

彷徨う人というのが、自殺者であることは第十章で話しました。

自然死の人が彷徨う人になることがないことも話しました。

湿り気に満ちた暗い森林の中に居てください。必ず、彷徨う人がいます。

彷徨う人が、そこに住み着いているわけではありません。

あの世の門へ行く道を示してくれるのが植物ですから、彷徨う人は、たとえこの世であれ、場所がどこかにわからず、植物の生い茂る湿気に満ちた暗い場所を通り抜けたくて探します。

ここまでの話もすでに話しました。

植物は、「あの世」と「この世」を結び付ける三つのうちの一つであることもすでに話しました。

「あの世」にも入れない、「この世」にも当然戻ることができない、自殺者が彷徨うときには、この植物の間を通ります。

死んだあと、肉体がなくなり、善の魂となり、あの世に向かう時、あの世の門への道案内するのは植物だからです。

でも、自殺者の場合には、あの世の門が開かない、見つからない、それゆえに、彷徨う人になり、この世の湿り気に満ちた暗い植物の生い茂る場所までも、通ります。

もし、どうしても彷徨う人と、会わなければいけないという人は、湿り気に満ちた暗い植物の生い茂る場所を探し、そこにどのような形でもいいので、ご自身が一番リラックスできる形で、座ってください。

一時間もかからないうちに、あなたは出会うことができます。

自然死の場合(事故なども含む)、さわやかなドライな植物の道をまっすぐに歩いていくので、会うことはできません。それは門が開かれ、その後の道を決めることができるからです。

その後の道は、今まで話してきた「天国」と「地獄」です。

天国を選べられれば、生まれ変わる、苦しくつらい輪廻転生は無くなります。

 

 

神の七つの掟

■ 神は言う:騙さない、悲しませない、
心を傷つけない

■ 神は言う:親切にできる時を逃さない
勇気で言葉を「私に何か助けさせて下さい」

■ 神は言う:動物を食べない

■ 神は言う:罪を犯さない

■ 神は言う:恩と責任・恩に報いる

■ 神は言う:我慢

■ 神は言う:奉仕と施し

これだけを行為として行えば、あなたはあなた自身で天国を選択し天国に行くのです。お金や物や宗教など必要ないのです、天国ではそんなものは無意味なのですから。

七つの掟は、どれをとっても難しいことではないはずです。但し、困難です。困難でなければ過去世までの「償」の輪廻転生はないわけです。

 

 

私は同じ話、同じことを何百回も言います。

神の化身

神より「我が子よ、最新の章から読むのも、第一章から読むのも、どの章から読んでもかまいませんが、必ず、全ての章を読むことが、今のあなたを、これからの、あなたを必ず完全に救います。それが約束です。私が今回あなたたちにのみ降ろした神の化身はいつもあなたたちの事を考えている、それを忘れてはならない。大木の神より」

(神の化身の代筆者です。代筆者とは神の化身が私たち三名のいずれかに降りて来られて書いている者です。誤字脱字があれば、是非、相談フォームよりご連絡お願い申し上げます)

 

自殺の関連ページ